熱交換器の構造による区別

熱交換器は、高温のものかと低温のものの間で熱の移動を行う機器のことをいいます。

高温のものを低温に晒すと温度が下がります。


低温のものを高温に晒すと温度が上がります。
その原理を利用して、加熱や冷却の用途に使用します。

例えば、施設を温めるボイラーや食品を保管する冷蔵庫などがあります。
一般生活では、エアコンや暖房器具などにも利用されています。

大きなものから小型のものまで用途に合わせて色々な種類があります。

オンリーワンの熱交換器に関する情報をご覧ください。

熱交換器を構造で分類するとプレート式、シェル&チューブ式、フィンチューブ式があります。
プレート式は流体の流れるプレートを複数重ね合わせ使用します。
プレート同士は密着して熱交換するようになっています。
高温が流れるプレートと低温が流れるプレートを交互に配置することで効率良く熱交換することができます。シェル&チューブ式は筒状をした省スペースの熱交換器です。



細い伝熱管が複数本入った太い管状をしていて、伝熱管の内側と外側で温度差のあるものを通すことで熱交換を行います。
小型で効率が良いため業務用として利用されることが多く見られます。

加熱、冷却、蒸発、凝縮のすべての用途で利用可能です。


フィンチューブ式は伝熱管にフィンを複数取り付けることで伝熱効果を高めた構造です。

フィンが放熱版となり、伝熱管内の温度を下げます。外側からフィンに気体を当てることで効率良く熱を奪うことができます。



これはエアコンの室外機として一般的に使われています。