アルカリ洗浄液とはどのようなものか

掃除をする際には様々な道具を使用しますが、スポンジやたわしだけでは取れない汚れや取りづらい汚れなどもあります。

アルカリ洗浄液の最新情報を掲載しました。

そのため落ちにくい汚れを取るときには洗剤を利用して落ちやすくして、それから汚れを取っていくことになります。
そのような洗剤ですがいくつかの種類があり、酸性洗剤や中性洗剤、そしてアルカリ洗浄液がありますがそれぞれ特徴が違うものになります。
その一つのアルカリ洗浄液は少し変わっており、大きく分けると三つの特徴に分けることができます。

まず一つの特徴が、油や皮脂汚れに強いということになります。
これは油汚れの成分である脂肪酸とアルカリ洗浄液が反応することにより一種の石鹸をつくることになり、石鹸になった油汚れは汚れではなくなっているだけでなく、周りの汚れを洗い流すことに利用することができるようになる特徴があります。


二つ目の特徴が、たんぱく質による汚れにも強いことが挙げられます。たんぱく質の汚れとしては垢や食べこぼしなどが代表的なものになりますが、たんぱく質を構成しているアミノ酸の結合をアルカリ洗浄液により切断したりすることができるので、構造を変えて汚れを落ちやすくすることができます。



もう一つの特徴が、アルミ製品には使用することができないというものになります。
アルミはアルカリと反応することにより水酸化アルミニウムに変化してしまい、変化したものは腐食しているため何度も反応させてると穴が空いたりして使えなくなってしまうので、アルカリ洗浄液を使用する際には注意して遣うようにしましょう。